脊柱管狭窄症の治療で処方される薬は、次の2つです。 ・貼り薬 ・内服薬 脊柱管狭窄症の痛みを軽減するために、貼り薬が処方されます。 貼り薬には抗炎症成分が含まれており、温湿布と冷湿布の2種類あります。 どちらが効果的なのかは症状によって異なるため、2つとも試してみるのもいいかもしれません。 手軽に痛みを和らげることができますが、肌が弱い方だと肌荒れを起こす可能性があるので気をつけてください。 もし、肌荒れを起こしてしまった場合は使用を中止して、担当医に相談するようにしましょう。 内服薬で使用される薬は、消炎鎮痛剤、プロスタグランジン製剤、ビタミンB12といったものです。 消炎鎮痛剤は炎症と痛みが酷い時に使用する薬で、胃薬と一緒に服用することになります。 プロスタグランジン製剤には血液の流れを良くする作用があり、歩行障害の改善に有効です。 ビタミンB12はしびれを改善するのに効果的な薬で、副作用がないというメリットがあります。